くじらは歌う

くじらはなぜ歌うの

ななし
- 1 -

くじらは歌いなんてしない。何度も言ってるでしょう

Kurt Meyer
- 2 -

でも見たんだもん。くじらが歌うのを

Luon
- 3 -

信じられないわ。私をその場所に連れて行ってちょうだい。私も聞こえたなら信じましょう

紬歌
- 4 -

だから、大人って信用できないんだ。本質的なことについては何も聞いてこないもの。

aoto'
- 5 -

私にだって、子ども時代はあったのよ。本質を知りたいときも、あったわ。
でも今の私にそれは、残酷過ぎるのよ。

鏑木澪
- 6 -

残酷なのは大人そのものでしょ?

あき
- 7 -

いいえ、違うわ、本当に残酷なのはあなたのような子供よ。あらゆるものに無知であるが故に、大人を傷つけるのよ。タブーを知らぬが故に...

れんまろ
- 8 -

くじらは歌う。
くじらにとって、嘘かどうかはどうでも良い。
残酷なのは信じてもらえないことだと、海原を泳ぎながらないている。

凪いだ海、荒れた海、海の姿が様変わりするように、人の心も移ろいゆく。
本質やタブーの波に飲まれ泣いているのは人の子で、傷つけあうのはお互い様だと、海が優しく凪いでいる。

くじらは泳ぐ。その姿を見たことがない者がいようがながろうが、海に身を任せて。

'靉'
- 完 -

novelnoveは
9人でひとつの
ストーリーを完成させる
参加型小説アプリです。