湖上の天使

鳥族の青年は、白い翼のせいでよく天使と間違われた。森の奥の湖で水浴びをしている時に近づいてきた少女も、彼を神の御使いと信じて願い事を述べた。
「弟に会わせて。去年、ここで溺れたの」
その事なら青年も知っていた。木の上で一部始終を眺めていたのだ。とても恐ろしい出来事だった。
「どうかお願い」 
金の髪を揺らして少女は懇願する。
あの後、一家は逃げるように森を去ったはずだ。まさか再び避暑に訪れるとは。

雨音
- 1 -

しかし、困った。
青年は鳥族であるが、天使では無い。
少女の願いを叶えることができない。
正直に、伝えようか。
その願いを叶えることはできない、と。

「お願い…どうか…どうか」

少女の青い瞳が、涙を零す。
夏の木漏れ日が、きらきらと照らす。
それは、あまりにも美しい。

青年の唇が、言葉を紡ぐ。

「何を言っているの、ねえさん、ぼくだよ。ぼく、天使になったんだ」

偽りの言葉を、紡いだ。

風上壱悟
- 2 -

少女は目を見開いて、青年に近寄ろうとする。
湖の水紋がいくつも重なった。

「ああ、こんなことがおきるなんて! ……神さま……!」
金の髪は風にそよぎ、哀しみの青は晴れた空のようだった。

「ねえさん、ぼくは大丈夫だから」

ねっ、と偽りの笑みを浮かべる。
これが本当に正しい対応なのかは、わからない。

けれど──美しいものは、美しいから。

すくな
- 3 -

「きっと、いえ、絶対そうだと思っていたのよ。あなたが暗い水の中で沈んだきりだなんてあんまりだもの」
少女は手を伸ばし、青年の手をとろうとする。けれど、青年は湖の奥の方まで入り込んでいて、決して届く距離ではなかった。
「お願い、もっとこっちに来て、あなたのことを抱きしめてあげたいの」
狂おしそうなほど熱い少女の瞳からは、兄弟という絆よりも、もっと深いもので結ばれていたかのような妄執が感じられた。

aoto'
- 4 -

狂愛に気圧されて、動けない青年。その間にもじりじりと滲み寄らんばかりの少女。ここは何か策を打たねば、そんな風に思った。

「来ないで!」
腹の底から力を込めた拒絶。少女は傷付いた顔を見せた。
「ねえさんと、ううん。もう人間とは触れられないんだ……天使だから」
言葉を選びながら、目頭を熱くするよう意識しながら紡ぐ。聡明な少女はそれだけで悟ったようだ。
「そうだったの。もう抱きしめてあげられないのね」

ユリア
- 5 -

暫しの沈黙。哀れな妄執から解き放たれたかに思われた少女。しかし、再び顔を上げると、そこには新たな狂気が芽生え、爛々と輝いていた。
「それなら私も、あなたと同じ、天使になりたい」
ここで果てたなら、きっとまた神様は哀れに思って、掬い上げてくださる。そうしたらまた、抱き締めてあげられる筈。

鳥族の青年はぶるり、翼を震わせた。
こんなことになるなら、さっさと真実を告げておくのだった。

113
- 6 -

一歩、また一歩と、少女は湖に足を踏み入れていく。
「ねえ……いいでしょう?」
夏の陽射しにきらめく水面が、少女の狂気にじわじわと染められていくように思えた。湖は深い、ああ、それ以上入ったら。
その時だった。
──ねえさん。
青年の声ではなかった。瞬間、少女はその青い瞳をいっぱいに見開き、驚愕の表情を浮かべる。その顔から、狂気はぱたりと消えていた。
──ねえさん、死なないで。
声の主は見当たらない。

ウサナギ
- 7 -

──いつもあなたを見てる。いつも、そばにいる。

これが天使の声──青年は、光る水面のように優しい声が湖に充満するのを、心地よく聞いた。

少女は空を仰ぎ、涙を流した。そして、
「あぁ私ったら……ごめんなさい
…ごめんなさい」
雲間から漏れる光に、語りかけた。

青年はその隙にここを離れようと、翼を羽ばたかせた。
少女はその音に気づいたけれど、こちらを見ることはなかった。姉弟の対話は、続いていた。

あおい鱗
- 8 -

飛び去った鳥族の青年は、その後に少女が何を話しどうなったのかはわからなかった。この罪悪感が更に大きくなることが怖くて、知らないままでいたかったのだ。
その後も湖に水浴びしに行ったが、少女を見かけることはなかった。
やがて忘れずとも、この時の感情は薄れていった。
鳥族の青年は、今でも天使に間違えられる。
最近は、金髪の子どもが祈りに来るのだ。
「天使さま、ありがとう」
開かれた青い瞳は、美しかった。

のなめ
- 完 -

novelnoveは
9人でひとつの
ストーリーを完成させる
参加型小説アプリです。